请选择 进入手机版 | 继续访问电脑版

中国琉球网

 找回密码
 立即注册

QQ登录

只需一步,快速开始

搜索
热搜: 菜璋
查看: 619|回复: 1

[轉載] 習近平主席は第8回中日韓首脳会議に出席した安倍晋三首相と会見した

[复制链接]
台灣獵戶人 发表于 2019-12-25 22:37:00 | 显示全部楼层 |阅读模式
学習グループ:習近平主席は第8回中日韓首脳会議に出席した安倍晋三首相と会見した


【学習グループ別】
来源:新華社。編集:司卿。2019-12-23
二次編集:猎户人






2019年12月23日、習近平主席は第8回中日韓首脳会議に出席する安倍晋三首相と会談した。今回の会見には新時代の中日関系というキーワードがあります。歴史的な理由から、中日関係はずっと人々の関心のテーマである。このテーマについて、習近平主席は次のように説明した。


新時代の中日関係を発展させるためには、まず戦略的合意を明確にする必要がある。全世界の広い視野で両国関係を考え、計画することを堅持し、相互尊重、求同存異の基礎の上で疎通と協調を強化し、積極的に手を携えて協力し、互恵とウィンウィンの新しい構造の構築を推進しなければならない。これは双方が新時代の中日関係を発展させるための共通の戦略的な指針となるべきである。双方は正しい方向を把握し、中日の4つの政治文書が確立した諸原則を厳守し、関連する重大で敏感な問題を適切に処理し、両国関係の政治的基礎を強固にしなければならない。これは双方が新時代の中日関係を発展させるために、いつまでもしっかりと守らなければならない根本であり、いつまでも曖昧に揺れてはならない。では、これから双方はどんな面で力を発揮するのでしょうか?。









習近平主席(ネット写真)は安倍晋三首相の訪中を歓迎し、第8回中日韓首脳会議に出席し、楊潔篪、王毅、何立峰らが会見に参加した。習近平主席は次のように指摘した。双方の共同の努力の下で、中日関係は継続的に改善・発展している。2019年6月、私は総理大臣と大阪で会談し、新時代の要請に合う日中関係の構築を推進し、両国関係の新たな未来を共に切り開くことで一致しました。現在、中日関係は重要な発展のチャンスに直面しており、中国側は日本側と緊密な疎通を維持し、政治的指導を強化し、中日関係の新たな階段への進出を推進し、更に両国人民に幸福をもたらすことを望んでいる。




習近平主席は次のように強調した。現在世界は100年ぶりに大きな変化を経験している。情勢が複雑であればあるほど,余裕を持たせる戦略的な定力が必要であり,高く望遠な大局的視野が必要である。新時代の中日関係を発展させるためには、まず戦略的合意を明確にする必要がある。全世界の広い視野で両国関係を考え、計画することを堅持し、相互尊重、求同存異の基礎の上で疎通と協調を強化し、積極的に手を携えて協力し、互恵とウィンウィンの新しい構造の構築を推進しなければならない。これは双方が新時代の中日関係を発展させるための共通の戦略的な指針となるべきである。中日双方が正確に把握しなければならない方向を守って4つの政治的文書の各種の原則を確立し、善処を重大に敏感な問題と関連し、両国関係を政治的基盤を固めます。これは双方が新時代の中日関係を発展させるために、いつまでもしっかりと守らなければならない根本であり、いつまでも曖昧に揺れてはならない。互いにはなむけなければ中日両紙がパートナー、互いに脅威」「政治の共感が、「化競争を調和」の精神に立脚し、両国関係は、正確に沿って軌道を推进発展が続く。


習近平は双方の実務をひろげると協力しなければならない、質の高いバートナーシップ推進「一帯一路」と中日の3者市場で協力し、人工知能、ビッグデータ、互恵協力強化のモノのインターネットなどの分野で、双方向の開放を積極的に育成、公正で透明な、非差別のイノベーション环境努力水準の高い互恵とウィンウィンの実現。文化、観光、教育を強化するなどの人文分野の交流、双方向の青少年交流を促進し、地方友城協力を拡大し、相互に支持相手うまく東京五輪と北京五輪、民心を诘め両国人民の友好の土台となった。安全相互信頼を増進し、建設的な安全関係をより積極的に構築しなければならない。国際担当を示し、多国間主義と自由貿易を守り、開放型世界経済の構築を推進しなければならない。


安倍晋三首相は次のように表明した。2019年には日中両国の間でハイレベルの交流が頻繁に行われ、相互理解が増進された。日中関係の発展の勢いは良好で、両国関係の発展は地域と世界の平和、安定と繁栄に対して重要な意義を持っている。日本の高度期待を重視し、習近平主席は来年の春、日本を国賓訪問し、日本侧は中国の密接なコミュニケーションを確保、成功を訪問し、新時代の要求に日中関係の構築にぴったり。日本側は双方が経済貿易、投資、イノベーション、観光、文化、スポーツなどの分野で実務的な協力を引き続き拡大することを望んでいる。日本侧と中国市場第3者協力を積極的に推進、地域問題との疎通強化調整。






备注:
学习小组:习近平会见了出席第八次中日韩领导人会议的安倍晋三

【学习小组按】
来源/新华社。编辑/司卿
2019-12-23
二次编辑:猎户人



2019年12月23日,习近平会见了出席第八次中日韩领导人会议的安倍晋三。此次会见有一个关键词:新时代的中日关系。由于历史原因,中日关系一直是人们关注的主题。关于这个主题,习近平是这样阐释的:

运筹新时代的中日关系,首先需要明确战略共识。应坚持以全球大视野思考和谋划两国关系,坚持在相互尊重、求同存异基础上加强沟通协调,积极推动构建携手合作、互利双赢的新格局。这应该成为双方发展新时代中日关系的共同战略指引。双方要把握正确方向,恪守中日四个政治文件确立的各项原则,妥善处理有关重大敏感问题,巩固两国关系政治基础。这是双方发展新时代中日关系必须始终坚守的根本,任何时候都不能含糊和动摇。那么,双方接下来会在哪些方面发力?。

习近平欢迎安倍晋三来华出席第八次中日韩领导人会议,杨洁篪、王毅、何立峰等参加会见。习近平指出,在双方共同努力下,中日关系持续改善发展。2019年6月,我同首相先生在大阪会晤,一致同意推动构建契合新时代要求的中日关系,共同开辟两国关系新未来。当前,中日关系面临重要发展机遇,中方愿同日方保持密切沟通,加强政治引领,推动中日关系再上新台阶,更好造福两国人民。


习近平强调,当今世界正经历百年未有之大变局。形势越是复杂,越需要我们保持从容不迫的战略定力,越需要我们具备登高望远的全局视野。运筹新时代的中日关系,首先需要明确战略共识。应坚持以全球大视野思考和谋划两国关系,坚持在相互尊重、求同存异基础上加强沟通协调,积极推动构建携手合作、互利双赢的新格局。这应该成为双方发展新时代中日关系的共同战略指引。双方要把握正确方向,恪守中日四个政治文件确立的各项原则,妥善处理有关重大敏感问题,巩固两国关系政治基础。这是双方发展新时代中日关系必须始终坚守的根本,任何时候都不能含糊和动摇。双方应该践行中日“互为合作伙伴、互不构成威胁”的政治共识,本着“化竞争为协调”的精神,推动两国关系始终沿着正确轨道持续向前发展。


习近平指出,双方要拓展务实合作,推进高质量共建“一带一路”和中日第三方市场合作,在人工智能、大数据、物联网等领域加强互利合作,积极培育双向开放、公平透明、非歧视性的创新环境,努力实现更高水平的互利共赢。要加强文化、旅游、教育等人文领域交流,促进青少年双向交流,扩大地方友城合作,相互支持对方办好东京奥运会和北京冬奥会,夯实两国人民友好的民心基础。要增进安全互信,更加积极地构建建设性安全关系。要展现国际担当,维护多边主义和自由贸易,推动构建开放型世界经济。

安倍晋三表示,2019年日中两国之间保持频繁高层交往,增进了相互理解。日中关系发展势头良好,两国关系的发展对于地区及世界的和平、稳定和繁荣具有重要意义。日方高度重视并期待习近平主席明年春天对日本进行国事访问,日方愿同中方密切沟通,确保访问圆满成功,构建契合新时代要求的日中关系。日方希望双方继续扩大经贸、投资、创新、旅游、文化、体育等领域务实合作。日方愿同中方积极推进第三方市场合作,就地区问题加强沟通协调。








本帖子中包含更多资源

您需要 登录 才可以下载或查看,没有账号?立即注册

x
回复

使用道具 举报

八重王 发表于 2019-12-25 22:50:03 | 显示全部楼层
『アメリカ独占琉球列島1945年の始末』


第二次世界大戦後、米国の対アジア戦列は、同盟国の合意に反して、単独で日本と協議してはならない利益を追求した。
「非軍事化された琉球列島を、米国務省の違法主張に沿って日本に返還」することもなく、「琉球列島、小笠原諸島、日本軍による占領統治の各島、太平洋中部のすべての島など」をすべて米国の排他的な戦略的信託統治の下に置いた。

1946年1月、アメリカ統合参謀本部は「北緯31度以南の琉球列島、九州(大隅海峡中間線以南)から台湾までのすべての島嶼」を「戦略区域」として信託統治することを明確にした。

1945年第2次世界大戦前後に、米ソ同盟国別の『カイロ宣言』、『ジャールは密約』、『ポツダム宣言』、『国防軍の日本の降伏』などの合意文書の共同企画「戦後日本領土主権の範囲」「図」、特に注目すのはこの図は日本と琉球列島線(赤いフレーム線)を『大隅海峡の中間線』。

1946年11月、米政府は「琉球、小笠原諸島、旧日本の信託統治区域」を米国の「戦略的信託統治」の下に置くことを企図し、この案を国連に提出した。

1947年4月2日、国連安全保障理事会(united nations security council)「21号決議文」を通過し、日本は、1920年12月17日、国際連合会の行政院に根拠を 国際連盟(League of Nations )「連盟条約(Covenant of the League of Nations)の22条約」、すなわち、日本が委任統治を受けている太平洋の各島嶼を戦略防衛区域とし、国連憲章が定める信託統治制度の下に置き、米国を単一信託統治領として管理当局に指定する。
しかし、国連安全保障理事会の決議21号では、信託統治領は「マーシャル諸島、マリアナ諸島、カロリン諸島」となっているが、「琉球諸島は含まれていない」ということに注意されたい。

1947年9月23日、中国国民政府の国民参政会(全国人民代表大会組織)は、国連が琉球をアメリカ単独で信託統治したり日本に帰属させたりすることに断固反対し、後の講和条約で琉球をわが国の信託統治に返還することを規定しなければならないことを要求した。同年10月18日、行政院長」張群」は国民参政会会議に出席し、「琉球列島はわが国(宗主権領土)と特殊な関係にあり、わが国に返還すべきだ」と提言した。

1947年12月、当時、国民の政府が国防部が測定回编印发行のおくよんひゃくまん分の1は、1947年の『中国全図』点原生版図の範囲は『n16°~ 54°、e81°~ 130°」;絵が2°木曜°方眼网。イラスト图幅範ために『_°~ 20°、e108°~ 120°」;絵が5°x5°方眼网。原則として、当時の国民政府の時には、国土の四極はすべてカバーされていた。図右下の「南海諸島図」の挿絵は800万分の1(1/8、000,000)であり、南海海域にはU字型の続線国境が描かれている。地図内の国境系は、当時の内務省地図審査委員会の『国境位置指示略図』を参照して表現された。

1947年、国民政府時代の国防部測量局の『中華民国全図』には、東海海域の境界線が琉球列島、澎湖諸島、台湾島などをカバーしている。
2、釣魚台(釣魚島)列嶼は、日本割拠植民地時代の「尖閣群島」の呼称をそのまま使用し、「和平山(すなわち釣魚台/釣魚島)、黄尾嶼、赤尾嶼」などを含む。
しかし、米国は琉球統治権に対する中国の要求を拒否した。米国側は、琉球は米国の戦略的信託統治網に入れるべきだと表明した。米国はこれが西太平洋における任務の一つであると考えているため、中国は琉球の獲得を要求し、米国の首肯同情を得ていない。

1948年10月26日、アメリカ国家安全保障会議はnsc 13/2を制定した。このうち文書の第5条は、ソ連の抑止戦略から、米国が「北緯29度以南の琉球列島、南鳥礁、未亡人岩以南の南方諸島礁」における米国の長期的な戦略統制権を国際社会に認められるように最善の方法を講じなければならないと規定している。

米国のこのような利益を戦略的な意図のために、日本の承認、1951年、米国産銀で、米英法、ソなどの国がそれぞれ中国権論議杯棚た両岸の政権の対日条約の採択交渉締結に参加し、仕事は結局、ソ連などの締結国の拒否で、米英などの国と日本政府がサンフランシスコ対日講和条約を締結。

サンフランシスコ講和条約第3条では、
日本の同意を米国が「北緯29度以南の南西诸岛は琉球列岛、テドン諸島、女寡岩以南の南方诸岛、小笠原諸島、西の島を含め、硫黄列岛、冲の鳥環礁、南環礁』など、米法定管理制度の下に置く、し米国を唯一の管理当局は、米国の権利がこれに島の住民の領土や島领水を含め、すべての行政、立法や管轄権の行使である。

米国はこれを受けて(サンフランシスコ講和条約内で)琉球に対する行政権を獲得したとしている。米国代表は契約前、第3条で日本の琉球に対する「残余主権」を認めたと説明した。明らかに、米国は琉球列島などの戦略的要衝地を「信託統治」という名目で独占し、『主権』問題では日本の肩を持っている。しかし、サンフランシスコ講和条約の上述の条項を見ると、日米両国が琉球列島の処分に関する事務を無断で締結したことは、中国政府が琉球列島の宗主権・領土権に影響を与えなかったことになる。

1952年2月10日、米国は『大隅群島、吐噶喇群島』の軍事占領統治権を日本に不法に提供した。

1953年12月24日、米国は「奄美群島」の軍事占領統治権を日本に不法に提供した。

1968年6月26日、米国は『小笠原諸島』の軍事占領統治権を日本に不法に提供した。

1971年6月17日、日米両国は「大東諸島及び琉球諸島日米両国議定書」に調印した。
日米両国は、旧「琉球列島の宗主国」であった中国政府を経由せず、琉球列島の割譲や放棄の合意書に調印した。日米両国は無断で授受した無断で琉球列島の各島の礁の管理権を日本に与えた。事故にあい、現在、米国の难点は、すべての歴史の史料と条約は琉球列岛:「大隅、吐噶喇(宝島)、奄美(大島)、小笠垣、沖縄(大琉球)、宫古(太平山)、八重山 等等诸岛」、北海道(蝦夷島)など、日本のすべての主権帰ら。しかし、米国と日本の両国は利権を独占している。

《米国が琉球列島を独占1945年始末》
http://www.liuqiu-china.com/portal.php?mod=view&aid=1688
回复 支持 反对

使用道具 举报

您需要登录后才可以回帖 登录 | 立即注册

本版积分规则

手机版|小黑屋|Archiver|中国琉球网 ( 闽ICP备13003013号 )

GMT+8, 2024-2-29 07:58 , Processed in 0.569736 second(s), 7 queries , File On.

Powered by Discuz! X3.4

© 2001-2023 Discuz! Team.

快速回复 返回顶部 返回列表